猫 腸 サプリ

プレミアムキャットフードは質、栄養バランス共いいのですが、蛋白質主体で少し腎臓にキツイし、腸を整える酵素が足りないデメリットもあります。酵素は活きた新鮮な食べ物から得るものだから。

 

それを補うのがサプリです。⇒ねこファイン

 

ねこも人同様、今は野性には戻れない哺乳類であることはいっしょですよね?そこにヒントがありますよ。

 

猫ちゃんに健康で長生きしてほしいからまず、食べ物と健康の関係をチェック!

猫ちゃんは大事な家族で子供同様ですね?そしてたいていとても大事にされています。

 

しかし、無知から必ずしも猫にとってよい環境とはかぎりません。与えられる猫ご飯もよい素材で作られているとはかぎりません。日本はペットフードに関する法整備がなされていないのです。この点はイギリスなど欧米やオーストラリア、カナダの方が先進国です。

 

欧米は犬や猫は家族の一員であり、日本では可愛がるペットという微妙な違いから、法整備が遅れているのでは?と思います。

 

ペットのエサはどんな原料でどんな風に作られ管理されているのか?実態が知られていないので飼い主さんは、よもやまるでゴミみたいなものから作られているとはつゆ知らず、という事実もあるのです。

 

原材料はじっくり読んでわからない原料名はわかるまで調べて買うことが大切です。安い方がいいなんて思わないことです。また、アバウトな表記のペットフードは買ってはいけないと思います。

 

飼い主さんの性善説と業者の儲け主義のズレから、日本の今のペットフードは成り立っているのです。ヒューマンレベル、つまり人が食べてもいいレベルの原料で作られているものから選ぶことが基本だと思います。

 

キャットフードに加えてねこファイン で安心です。

 

飼い猫の悩み

猫は 腸閉塞、腸 腫瘍、 腸炎 、腸捻転、軟便、便秘など腸に関する病気は多いですね?

 

人同様、腸内環境は猫もとても健康を左右しますね。日本人は腸がとても長いけれど、猫は腸が短いですし、基本肉食系なのも人とはかなり違いますが、同じ哺乳類なので共通部分もあります。

 

人同様、猫も腸内環境を整えることは基本で、まずは食べ物と腸の関係が大事です。腸内環境がよくないけれど元気、なんてあり得ませんね。猫にはペットフードを食べさせ始めたらペットフードだけの方がよい、と思っている人は多いですが、果たしてそうでしょうか?

 

仮に人間にも栄養バランスのいいカリカリみたいなもの、カロリーメイトなどを必要な量だけ、それだけ食べていたら健康になるなんてあり得ないですから。

 

猫も自然界の哺乳類で、元は野性動物でも今は野生では生きにくい動物ですから人との共通点も多いです。野性では十分なエサ確保が無理ですし、動物同士のケンカも過酷です。

 

ここが他のトラや鹿、猿、などと違いますよね?基本的には動物園の動物は不自然で自然界に返してあげた方がいいと思いますが犬や猫は違います。

 

 

人も昔みたいに野性人として狩をして生きられないように、猫も長く人と一緒に生きて来てもう野性には戻れません。だから人がよく観察して猫の健康を考えてあげるしかないのです。

 

本当は人が新鮮な材料で自炊してご飯を食べる方がいいみたいに、猫にも毎日新鮮な材料で猫ご飯をつくってあげるのが理想ですが、現実問題として無理なので、できる範囲で健康にいい猫ご飯にする、というのがいいかな、と思います。

 

栄養バランスのいいヒューマンレベルのカリカリで栄養バランスを整え、できる範囲で手作り猫ご飯をつくってあげるのです。新鮮なお刺身をおやつにあげたり。

 

人も加工食品やインスタントをいっさい使わず、原料である、野菜、果物、魚、肉などで毎日料理して食べられますか?忙しい現代では無理ですね?だから猫ちゃんにもできる範囲で、よりおいしく健康になる方法を考えてあげたいですね。

 

 

腸を整えるサプリは【ねこファイン】がおすすめです

では、猫にはどうするのか?まず、猫ご飯はヒューマンレベルのプレミアムキャットフードから選ぶ、ここが始まりですね。

 

肉や鳥類、魚などタンパク質の原料の違いも大きいのでしっかり確かめて選ぶべきと思います。

 

肉も牛肉、豚肉、馬肉、羊、ウサギと種類も違いまます。

 

鳥類も鶏、あひる、だちょうと違います。

 

お魚もタラ、にしん、サバ、など白身魚も青魚もあるし、マグロなどもありますね?

 

獣医さんによっては安いエサでいい、という人もいますがその獣医さんは原料の質や実態を知っているのでしょうか?

 

たいていペットフードを使わないで、猫ご飯を手作りできる人は少ないので、まずはペットフードで栄養バランスを整え、手作りごはんやおやつで不足するものを補うことから始めるのがおすすめです。

 

猫ご飯も基本おじやでいけるのでなれれば、猫が多頭飼いでなければそれほど面倒でもないのですが。飼い主さんのメニューに後一品増えるだけ、と考えたら、できそうでしょう?

 

 

では猫の腸を整えるのに、ヨーグルトなど善玉菌の多い食べ物を与えたらいいのでは?と思いますが、腸に届かず死滅してしまうんですね。

 

だから猫の腸にある善玉菌を増やし育てるしかないのです!それができるのが【ねこファイン】です。ここが意外ですね。

 

昔は猫が飼われていても、生きた鼠や小動物を狩りして食べることで、その動物の内臓にある酵素などを摂ることができていたのです。しかし環境的に今は無理。

 

だからそこを補うのが、【ねこファイン】サプリです。普段のカリカリにふりかけてあげるだけ。ふりかけごはんですね。

 

くわしくは⇒ねこファイン

 

 

 

元気で毛のつやもよくなってきますよ

猫には個体差がありますので、好き嫌いも違いがありますから、猫の体のようす、元気か?腸のようすは?目ヤニ、トイレのようす、毛つや、などを観察しつつできることはしてあげたいですね。

 

よく観察し、ひとりの獣医さんいいなりではなく、納得いかなければ猫だってセカンドオピニオンも必要だと思います。

 

同じようにママ友ではなく、猫ママ友に話すことで解決策がみつかることもありますよね。

 

生まれつきの違いもあるのでよく観察し、好みも取り入れできるだけのことはしてあげて、長く一緒に元気で楽しく暮らしたいですね。

 

猫にも楽しい♪、普通…、イヤだ!はしっかりあるし、ねこによって違いも好みもあるのですから、お腹がいっぱいならいいのではないことは良く観察するとわかります。猫も体がスッキリして快調だといきいきしてきますね。

 

猫も、ただ生きているのではなく、喜んで食べて飼い主さんと楽しく意思疎通ができて幸せなのです♪

 

 

人が思っていた以上に猫同士も会話しているし、人にも話しかけてきますよね?今の時代は飼い主さんも余裕があるので細やかに接しているし、声かけも多いので気づいていますが昔は動物はもっと本能的に生きていると思われていました。

 

ねこの言葉づかいも品のいい猫、乱暴な猫の違い感じますね?控えめに『抱っこ…』という猫ちゃんもいるし、『抱っこせんかい!』と乱暴な強制的なねこ君もいます。

 

しかし、どっちも可愛いんですけどね。

 

ネコちゃんの健康が気になる方は⇒くわしくは公式サイトをごらんください。

 

その他